ネット時代の誹謗中傷対策はスルースキルが鍵!

ソーシャルメディア全盛で広がる誹謗中傷

今はFacebookやTwitterを筆頭に多くの人が何かしらのソーシャルメディアを利用している時代。さらにスマホの普及により四六時中いつでもどこででも好きなことを好きな時にネットに発信できるようになりました。これにより、誰もが情報を発信することができるようになり、さらにその情報を誰もが共有できるとても便利な世の中になりました。しかしその一方では、その手軽さ故に心無い誹謗中傷が増え、ただの他人事ではなくなったのも事実です。一体どうやって対処していけばいいのでしょうか?

ネット上での悪口は絶対になくならない

インターネットの普及によって自由な情報発信や発言ができるようになると、中には問題のある発言も出てきます。特に匿名性でのコミュニティや掲示板を中心に、Twitterなどのソーシャルメディアでも法的に問題のある悪意の発言が訴訟問題になったりしていますが、あまり気分の良いものではありませんよね。ただ、これらはいくら取り締まってなくならないのも事実です。匿名だからということもありますが、実は問題発言をする人は特定のごく少数の人達だとも言われていて、悪口をやめるつもりがない人達なんだそうです。なるほど、これじゃなくならないはずですね。

一番の誹謗中傷対策は華麗にスルーすること

そうはいっても、もし自分がネット上で誹謗中傷を受けたらと思うと不安ですよね?もし、その発言に余程の違法性がなければ「相手にしない」ことが一番の対策です。相手を突き止めて訴訟だ!と言いたい所ですが、やめた方が賢明です。なぜなら実際に訴訟となれば以降相当の時間と労力とお金を注ぎ込まなくてはなりませんし、例え訴えたからといって必ず勝つとも限りません。何年間も訴訟だけに振り回された挙句、全てを失うということも少なくありません。であれば、話がこじれる前にこちらの方から華麗にスルーするのが最善策です。それじゃあ気持ちがスッキリしないよと思うかもしれませんが、こじれた後ではさらに精神的に病んで倒れてしまうことだって十分考えられます。相手は絶対に変えられないのです。心が貧しいヤツだと心の中で蔑んで、とっとと前を向いて進みましょう。

2ちゃんねる削除 たとえ自分が投稿したレスであっても自分で削除することはできず、削除依頼を出すという形になります。 削除依頼を出したからと言って必ず削除されるわけでもないので注意しましょう。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.